今此処に在る黄昏

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

ライトノベル

お久しぶりです。

 
リアル私情も絡み、更新もめっきり減りましたがラノベはちゃんと呼んでますよ(ぇ
多少余裕も持てるようになってきたこともあるので、今まで読み溜めた物の感想でもチラホラと
まとめていこうかと思います。

宜しければ、くだらない内容ですがお付き合い頂ければ幸いです。

さて、読み溜めたラノベの一発目に感想を述べようと思うのはとりあえずコレですね。
神と奴隷のシンタックス2
前に一度、これの1巻をご紹介しております。
続きが出てることをしったのは、つい最近です^^;
本屋でたまたま通りかかって見つけた。
といっても見つけたのは実は3巻の方で、2巻をすっ飛ばして読むのも気が引けたので先に2巻を購入。
もうすぐお給料日ということもありますので、お財布がホクホクになったら3巻も購入予定です。

展開的には1巻とさほど変わらずでしたが、今回は戦争というか抗争部分は少な目でした。
それはそれでありな展開ですが、もっとこうね熱い話を求める方にはかなり物足りない内容だとは思います。
ただ、自分自身の感想ですが、この巻の内容はこれから先の展開を見越した布石の散布といった印象を自分は強く受けました。
派手な演出や、展開は少ないものの次回の巻から少しづつだけど大きい物が動き出す為の大切な下地、地盤の確定みたいな
そんなような感じでした。
まぁ、お約束ながらやっぱりお色気もノロケも多少はいってましたが・・・、
ただ思うことは、感の鋭い人であればこの布石がどう動き、どう回収されていくのかがある程度予測できる。

そのため、此処から先は本当に好みに分かれるんじゃないかな?って感じかなぁ。
作者の意図で解りやすくしているのかは不明です。
読者の読みを覆して驚きの展開などに発展してくれるなら、それは嬉しい展開だけどどうなるかは不明です。

内容的には本当に、すっきりとスマートに仕上がってしまってる。
だからこそ、自分見たくちょっとこう捻くれてると刺激が少なかったなぁと思うのでしょうか。
そこは読み手次第ですから我侭言うのはアレですよね^^;

とりあえず、3巻ですかねぇ。
自分の正直な意見を述べるなら、それで本当に意見が解れるんじゃないかと。
なので、お給料はいって3巻を読むまでもう少し、自信の判断はお預けかなぁ、
展開が王道極まるのなら、残念ながら見切りをつけてしまうし、
読者の予想を裏切る展開がまっているなら、最後までこの作品に付き合うと思う。

まだ自分の中でも曖昧にしか判断材料がないので、とりあえず此処までですね。
3巻読み終えたら其の時にもう一度どうするか決めますわ。


   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。